こんな所でまさかのドッペルゲンガーに遭遇?

子供と出掛けた帰り。
家に向かうバスに乗るため、私たちはバス停のベンチに座って待っていた。
あと5分くらいでバス来るかなーなんて話や、バス停の前にあるドーナツ屋さんの看板を見ながら、どれが食べたい?なんて話しながら。
すると突然、子供が「あ、お父ちゃん!お父ちゃんがいる!」と言い出した。
指差す方を見れば、ドーナツ屋さんの隣にある携帯電話ショップが。
その中にいた店員さんが夫に激似!
その時間、夫は仕事に行っていて、このお店とは全く別の場所にいるはずなのだ。
「違うよーお父ちゃんはお仕事に行ってるから、あれは似ている人で別の人だよ。」と子供に伝える。
似ている人って言って、3歳児には理解できるのかしら?
それにしても、あの店員さんは夫に本当によく似ていた。
マスクをしていたから余計にそう見えたのかもしれない。
マスクを取ったら全然似ていなかったりしてね。
今度、夫を連れて、この携帯電話ショップに来てみようかなー?