私はメール依存症になりそうなのでメールが嫌いです

私はメールがあまり好きではありません待ち合わせ等で連絡の取り合いに使うのは良いのですがメールを誰かに送ってすぐ返事がないとどうしたんだろ忙しいのかなそれとも返事が面倒で無視かなとか私を嫌いなのかなと色々ネガティブになってしまいますすぐ返事を貰うととても嬉しいです何しろ私は貰ったらすぐ返事を送るのが礼儀だと思っているので自分ではすぐ返信します先日友人と会って別れる時に私がメールの返信を1時間もしないうちにしたのが気に入らないと言われましただったらいつ返信しすればいいのか私には分かりません責めているんじゃないよと言われても私には責めてる以外考えられませんでしたこういう事があるので私はメールが嫌いです顔が見えないのできつい言葉も平気で書ける訳ですあとメールを返信しても素っ気ない返事しかくれない人もいます只単に私は嫌われているだけなのかも知れません私って嫌だなこんなお世辞書いちゃって相手は本気にしちゃってるじゃないのと社交辞令で書いただけなのにそういう自分が嫌になりますでもあながちお世辞だとも言えませんたとえお世辞でも言われた方は悪い気はしません私はこの歳でそれを知りましたお世辞は潤滑油だと思いますメールだから書ける事です

私のスーパーおじいちゃん!87歳への挑戦

私のおじいちゃんについてお話をしたいと思います
私には自慢のおじいちゃんがいます
今年87?歳になります、現役で車を運転します
しかし歳には敵わないのか最近足の関節が痛くなって来ているみたいで歩くのが辛いみたいです
そこで病院にかかったおじいちゃんはお医者さんからもっと運動するようにすすめられ遂に運動することを決意しました
ところが私のおじいちゃんはただ歩くのは納得せず孫である私を連れてスポーツ店へ
何を買うのかなっと思いながら向かった先はノルディックコーナー
びっくりしたのがおじいちゃんがノルディックというスポーツを知っていて、そこで杖を購入したことでした
後日おじいちゃんは自宅から8キロ程離れている私の家まで歩いてお茶を飲んでくたびれと言って電車で帰っていきました
今のおじいちゃんの目標は私の家族(おじいちゃんから見たら息子の家族ですね)とディズニーランドに行ってカリブの海賊やスプラッシュマウンテン等に乗り最後に花火を見る事なので出来る限り私はサポートをしていきたいと思いました